2017.01.25 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.05.08 Thursday

    福元のタンカンでジュースをつくる。

    0

      タンカン。ネーブルとポンカンが自然交配した柑橘で、シマの主力果樹。ものすごく美味しいと思う。その中でも、大和村の少し標高が高い場所に位置する福元盆地のタンカンは、僕の中では別格です。酸味が低地のものより強くでる傾向がありますが、一度食べると病みつきです。ゴクゴク食べるという感覚。喉で食べる感じ。
      今回は、もう最後のハネモノでジュースを集落のオバ達が作るという事で、荷物運び要員で参加させて頂きました。




      シマの加工場。料金を払えば、誰でも使用出来るものです。しかしそうは言っても中々敷居が高かったのですが、まずは一歩進みました。勉強勉強。




      まずはタンカンを洗います。これ凄い。
      もう本当に最後の最後っていう物だったので、洗う前の見た目はひどかったです。うわーこれ大丈夫?でも洗うともうピカピカで、食べると美味しい!見た目の汚いさに惑わされちゃだめですね。




      次に瓶の洗浄。ぎゅーと押すと水がぶしゃーと下から出てきます。要領を掴むまでにびしゃびしゃになりました。瓶はこの後煮沸消毒します。




      大釜ドーン!




      こういう物を見ると、加工場の良さを改めて感じます。
      タンカンは美味しいのですが、難点として、他のミカンに比べ皮が剥きづらいのです。しかし、少し茹でる事で皮が剥きやすくなります。




      茹でた物を手作業で剥いていきます。1人が切り込みを入れ、もう1人が剥く。2人1組が良さそう。熱いのでゴム手があると良いです。この工程は大変です。人数がいないと終わりません。




      剥いた物を絞ります。絞るのも簡単。あっという間です。絞りカスの掃除が少し大変でした。




      絞るマシーンを洗っている間に次の工程が終わってしまい、唯一見れませんでしが、砂糖を加え、釜で加熱していました。何度?何分?その後煮沸消毒した瓶へ注ぎ、焼酎で消毒した王冠を取り付け、完成。


      今回は60キロで60本作る事が出来ました。ジュースにすると加糖することもあり、生のタンカンには敵いませんが保存が効くので長く楽しめます。

      加工品を作る上で1番重要だと思うのは、素材が美味しい事。

      単純なようで、なかなか難しい事ですが、シマのタンカンは、見た目が汚いモノは農家さんのプライドが許さないらしく市場には出てきません。味は勿論最高なのです。なのでもっと上手くB品を使えたらなというのが今シーズンの見えた課題。色々やって、農家さんの収入が増えればなぁ。儲かれば、皆どんどん作っていけるんです。農業は儲からないっていうのをよく聞くけど、こんな美味しい蜜柑、他に無いもんな。


      今回かかったお金は1600円程。瓶代と加工場の使用料金を四人で割りました。タンカンは頂いたので、頂いた方にジュースをお礼に。午前中で作業は終わりましたが、けっこうクタクタ。

      加工場、使い方がわからないマシーンが沢山あったので、また見学に来よう。
      2014.02.26 Wednesday

      クンニョリーゼ。

      0

        フル。シマの冬野菜の代表格だとおもいます。よく葉ニンニクと書かれていますが、シマの小さなニンニクを植えて、芽が伸びて葉になったもの。ニラの様ですがニンニクの香りがとても強く、僕は大好きな野菜。フルを食べたらニラでは物足りなくなってしまいます。炒め物や餃子、お鍋にいれてよく食べます。栽培もとても簡単なので畑にも植えていますし、シマの無人販売所には今時期必ず並んでいます。



        今時期しか食べれないので、加工して通年でたべようと思っていたらたまたま安くなっていたので買ってきました。



        フル、ニンニク、シマコショウ、オリーブオイル、ゲランド塩、パルメジャーノ。分量は適当です。



        バーミックスでがーっと。
        部屋中フルフレーバー。



        パスタソースかピザソースかなと思って作りましたが、パンチが強すぎですね。今のところ鍋の薬味とお刺身の薬味、イノシシ焼の薬味になりましたが、最高です。
        ジェノベーゼならぬクンニョリーゼ。
        島の皆さん是非作りましょう。


        2013.07.06 Saturday

        定点観測。

        0

          1日経過。




          4日経過。

          毎日撮りたいけど、やっぱ忘れてしまいますね。
          初めての事は面白い。正解わかんないものね。
          でも願わくば、美味しくなって欲しい。
          2013.06.17 Monday

          nagumoguraとは。

          0

            僕が中学のときに、仲良しの友達が僕のキャラクターを描いてくれた。
            それがナグモグラ。

            モグラの着ぐるみを着たようなそれは、不細工でとても愛くるしく。僕のハートを鷲掴み。吉田戦車のカワウソをもう少しかわいくしたかんじ。

            それからというもの、僕はメールアドレスでもなんでもかんでもnagumoguraをつかいまくっているわけです。


            ところで去年くらいから、仲良しに小椋くんというコーヒー狂いのステキな兄ちゃんと友達になって、俺はなんか食いもん作るからにーちゃん珈琲入れてよと、なんかやろうやろうという話をしていました。

            なぐも と おぐら
            nagumo ogura


            す、すげぇ。少し前まで全く気づかなかったのです。

            始動。詳細はまた。
            2013.01.07 Monday

            収穫

            0

              今日の収穫
              Calendar
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << July 2018 >>
              PR
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recent Comment
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM