2017.01.16 Monday

新保製作所薪ストーブ設置。

0

     

    12月の事ですが、新保製作所の薪ストーブを設置したので備忘録。

    我が家は築150年の古民家なので、冬の寒さは結構厳しいのです。で、あこがれの薪ストーブを迎える事になりました。

    作業は大きく3つ。

     

    めがね石を作り、土壁に穴を開け、煙突を設置する。

     

    この作業をクリアすれば、室内で火を見る暮らしがまってるんです。がんばる!

     

    まずは、めがね石の作成。

    めがね石は煙突の熱が壁に伝わらないように不燃材料で作られたものです。

    調べると自作されているかたもいるようですし、僕も家にあったレンガで作ってみました。

    レンガ4つと2×4材の廃材で枠をつくってレンガ用のボンドで固定。一晩おいたらしっかり固着。

    なので開ける穴の大きさはこの枠の分必要になります。

     

     

    次は土壁に開ける穴の位置を決めます。

    ホンマ製作所のページに自分で煙突を設置する人向けの説明が分かりやすく載っていました。

    火災のリスクを低くするためのルールが沢山あるようで、それに従っていくと場所が決まって来ます。

    めがね石のサイズをカッターではがしていきます。すると竹でできた骨が出てきますので、持っている道具をフル活用して

    切除していきます。手鋸、丸鋸、グラインダー。めがね石をはめては微調整の繰り返し、そして土ぼこりがすごく、きちんと

    養生したほうがよかった。部屋中が埃だらけになりました。あとマスク必須です。

     

     

    めがね石がはまったら、次は煙突の設置です。

    横引きの1,5倍の高さがいるそうで、なかなかの高所作業。安全帯をつけて作業しましたが1人での設置は

    おっかなかったです。我が家は海のすぐ近くなので風が強いのでワイヤーで両サイドへ張りしっかり固定しました。

     

     

     

    これでようやく完了。とりあえずの焚き物は、以前ご近所さんから頂いた廃材と夏に庭の椎の木を

    剪定したもので。しかし全然たりないので当面の仕事は薪集めとなりそうです。

    煙突とめがね石の隙間は耐火パテで埋めました。

    ストーブの足の高さは、調理しやすいようにと、火をいじりやすいように50センチほど鋼管を組んであげました。


     

    実際に薪ストーブを使っての感想は、兎に角近くは温かい。そして天板での煮炊きが出来る事が嬉しい。

    しかし、断熱がほとんど効いていなくて気密性が全然ない我が家には、部屋を暖める力はほとんどないのでした。

    ストーブの周りはとても暖かいのですが、土間のとなりの部屋がちょっと温かくなるくらい。すごいな古民家。

    でもとーっても満足。子供たちも火を見ながら絵本を読んだり、夫婦で火を囲んでゆっくりしたり。思っていたのとは少し違いますが、良い買物をしたと思います。

    満足満足。後日煙突の排気をコントロールするダンパーをL棒と缶詰の蓋の部分で作ってみたら薪の消費量も少し減らせたので

    嬉しい楽しい。

    さぁ皆さんも火のある生活、やってみては。

     

    煙突http://www.arcland-onlineshop.jp/←送料が500円なので安いです。煙突は全部で7,000円くらい。

    新保製作所http://www.maki-stove.jp/←我が家のは税込み12,000円。

     

    2016.12.01 Thursday

    冬支度。

    0


      我が家は築120年とも150年とも言われている古民家です。隙間風もあるし、断熱というものはほぼない。いる場所をとにかく暖かくするコタツが大活躍です。

      今までは灯油ストーブも、ご飯の時に使っていましたが、なんせ暖かいけど燃費が悪い。というわけで、ついに我が家にも薪ストーブを導入する事になりました。



      おぉー。
      新保製作所の薪ストーブ。はるばる小樽からいらっしゃいました。

      取り敢えず、煙突を設置しなくては。薪になって煮炊きも出来るかなーと。家の中で焚き火が出来るような感覚で楽しみたいと思います。設置出来たらまたご報告。わくわく。

      2016.01.23 Saturday

      見てほら雪だよー!

      0

        シマで産まれ育ったこの3人は、どうやら雪が降ってくるのを家の窓からみる、という事が初めてなのです。

        高校卒業まで北国で育った僕は、やっぱりわくわくしているのでした。

        なんとなしに覚えているのは、だいたいが下校中で。
        雪虫が舞うと近々ふるなーと思って。
        そしたらだいたい次の日かその次の日くらいには、こうやってふわふわした初雪が空から落ちてくるのでした。

        そしてやっぱり長い雪国の冬の始まりにわくわくしたもんだったなと思い出しました。

        すぐ溶けてしまうんでしょうけど、シマ産まれの3人には、十分すぎる初雪だと思います。

        良かったね。わくわくするよね。




         
        2015.12.01 Tuesday

        福岡からシマ暮らし研究所再開。

        0

          人口が1600人の村でパン屋をする事の可能性をとにかくよく考え、面白いと思う事をやっていきたい。数年後になると思いますが、そこに向かって今できる事を精一杯やっているところであります。そりゃ人が沢山住んでいるところに店があれば良い。でもきっとあのシマにパン屋があれば、そこに住む人の暮らしは豊かになる。高齢の方も多いので、店に来れない人にも食べてもらえるような事も考えなくちゃ。将来シマを背負う子供達にも沢山食べてもらいたい。さて、いつか僕らが作るパンを買ってから、ササントウにハイキングに出かけてようと思ってくれる人がこんな景色を見てくれると嬉しいですね。


          この気持ちがしっかり出来るまで、随分かかってしまいました。でもどうやら自分たちのやりたい事はこういう事なんです。
          これからシマの人口はさらに減少していく事でしょう、商いが成り立つかは私たち次第のところもありますが、それでもシマのオジオバ皆に食べてもらいたいし、色んな人を巻き込んでいけばいろんな人がシマに住んで、皆で考えていけば雇用も生み出せるんじゃないかなとなんとなしに考えています。
          そしてこの想いをFBにUPしたところ沢山の勇気をまた貰う事が出来ました。皆さんありがとう。
          4月に長野へ行き、一件目の修業先はいろいろあって辞めさせてもらい。6月に福岡へ拠点を移しまして今はヒッポー製パン所というパン屋でお世話になっております。家族、友人に支えられ、暮らしもようやく落ち着いてきました。


          やはり食は大事だなと日々妻と話しています。



          さてさて、これからシマで開業出来るまでの道のりや日々の暮らしの中で思う事をまたこちらで書いていけたらなと思います。
          ではでは。
           
          2015.03.20 Friday

          引越がせまり。

          0

            天気が良かったり、送別会を開いて貰ったり。日々感謝だなとおもいながら。
            現実はどんどん過ぎていき、引越の日は近づいてきています。
            プレファブも買うって言ってくれてたかたがまさかまさかで。どなたか要りませんか?結構良いと思うけどなぁ。
            どうぞ連絡を下さいね。nagumoguraあっとまーくgmail.com

            あとは冷蔵庫と二槽式洗濯機を売りたいのと、ピアノを貰ってくれる人をあと10日で探さなくては。
            はやくしなきゃ!


            引越っていろんな手続きが大変ですね。
            ここを超えればなんとかなるはず。
            よしよし。
            2015.03.12 Thursday

            宮古崎ツツジウォークを終えて。

            0


              先日、シマで宮古崎ツツジウォークが開催されました。
              雨続きでどうなるかなと思っていましたが朝起きると久しぶりの晴天で、風もなく良い日和でした。
              6回目を数えるこのイベントは、シマの景勝地である宮古崎をいろんな人に知って貰うことと、昔そこに沢山自生していたミヤコザキツツジ(タイワンヤマツツジ)を植樹して回復させる事を目的としています。
              その昔は船に乗って海から宮古崎を眺めると岬全体が真っ赤に染まるほど沢山のツツジがあったそうで。しかし、遊歩道が整備されたことでシマの人たちがこぞって掘って庭に植え楽しんだとのこと。そのためほとんど無くなってしまいました。本当に全くないのです。15年ほど前からその庭に植えてあるツツジの剪定枝から苗を作り、昔のように岬を真っ赤に染めたいねと夢見て、次世代にシマの自然を継承するために活動しています。毎年100から150株植えているので、4月頃宮古崎に行くと笹の間から真っ赤な花が咲いているのが見て取れます。




              一面が笹で覆われていて、不思議な景観がそこには広がります。
              昔はシマの学校の遠足は宮古崎だったんですって。ここで草スキーやそりで遊んだって良く聞きます。しかし断崖絶壁だけどこわくなかったのかなー笑



              無事今年も植樹が出来ました。今年は往復5キロの道のりを次男坊を歩かせるのが大きな目的だったのですが、おやつで釣りながらなんとか成功。長男も3歳の時に完歩できたのでどうしてもと思っていたので、とても嬉しかった。沢山褒めてあげました。
              天気に左右されるイベントですが、おかげさまで約270名の方の参加を頂けました。
              スタッフはシマの青壮年団、婦人会でおよそ3週間準備をしてのイベント、AEDや救急セット、消防とも連携しているのですが当日けが人も出ることなく無事に楽しんで頂けたと思います。けが人が一番怖いのです(運営スタッフがすくない)。その中でも反省会では皆の意見がまだまだ出てきますので、これからどんどん良くなるイベントだと思います。



              公民館に戻ってくるとカレーやシシ汁マダ汁潮汁。これを楽しみにしてる参加者さんも多いようでした。
              ミニライブもあり、僕らも楽しみながら運営できました。

              こういった行政抜きの集落主催のイベント、いろんな意見も聞きますがどんどんやっていろんな人を巻き込んでいけたらいいですね。イベントに参加して頂いた方は、また是非違う季節に訪れて貰いたいと思います。季節によってまた見れる景色が変わってきます。行かれる際はできればペットボトル1本くらいの水分を持って行って下さいね。
              2015.03.07 Saturday

              鶏について。

              0

                そろそろ引越時期も決まってきたり、必要なモノ不要なモノを選別したりしています。

                我が家には2年前にひよこから飼っている鶏がいます。この子たちのこれからも考えなくてはなりません。
                最初は10羽ほどいたのですが、病気だったりいじめだったり動物の襲撃だったりがありまして、現在は雄鳥が1羽雌鳥が5羽。
                寒い冬はあんまり生みませんが、ほかの時期は大体平均4個の卵を我が家の食卓に提供してくれます。自家養鶏を始めるとスーパーで売っている卵よりもちろん美味しいですし、この子たちが何を食べてどんな環境で暮らしていてというのが当たり前ですがわかるわけです。これはずいぶん贅沢なことなんだと思います。えさ代は月に2000円ほどかかっています。
                さて、引越先にはこの子たちは連れて行けません。(住宅地なのです)
                考えたのは、食べること。あとは飼いたい方がいれば譲ること。
                生後3ヶ月から暮らしている環境から移されたり、きちんと管理してもらえないと可哀想です。もう半分ペットですからね。なので食べてあげた方がいいのではと。以前鶏のさばき方を教わってはいるので、つぶせます・・が。やっぱりなんかね。だってひよこからですよ。すんげぇかわいかったんですよ。
                あぁどうしようかなと、なんかやだなと思っていたんです。まわりの友達からもどうすんの?たべんの?手伝う?的な話もでてくるんです。てか皆たべたいのか?
                でもこないだ解決。おばさんがここでそのまま飼ってくれるそうです。
                ここなら野菜の間引き菜なんかを皆入れてくれますしね。というか、それでほっとしてしまったので、あぁ僕はきっと食べてやれなかったかもしれないなと思います。
                まだまだ卵産みますし、皆元気だもん。あぁ良かった。








                ちゃんと可愛がって貰ってね。
                4月4日にのぼります。鹿児島に2泊して鹿児島から大阪まで飛行機。その後車で長野まで。
                2015.02.20 Friday

                ご報告。

                0

                  このたび、私たち家族はシマを離れる決断をしました。
                  行き先は長野県、目的はパン屋さんに就職するため。

                  最近お会いした方にはお伝えしているんですが、インターネットの力も借ります。



                  去年からプレファブ小屋を買い、こつこつなおして形にはなりましたが、やっぱりきちんと美味しいモノを作りたい。
                  それじゃ自分で食べて最高に美味しいとおもうパン屋さんに教えて貰おう。プレファブも売ります。
                  とてもシンプルです。そのパン屋さんのカンパーニュと角食、美味しいんです。
                  そしてもう一つ。地方でしっかりとお金を産み出し、雇用も産み出し、地元はもちろん県外からも人を集めている。
                  いつか僕もシマでこんなパン屋が営めたらなと思います。大いなる野望です。


                  今僕に出来ることは、
                  心血を注いで学び、体感すること。それを体得すること。
                  健康を維持し、家族を養うこと。
                  自分が幸せだと思う事を行い、家族もまた幸せにすること。

                  この3つを一生懸命やります。

                  そしてなにより僕が一番幸せなことは、パートナーがこれを応援してくれていること。

                  文章で伝えるのは限界があります。もちろんシマがいやで離れるわけではありませんし。
                  ただ、僕は手に職(食)を持ちたい。好きなことを、やりたいことをやりたいという我が儘です。
                  不安も沢山あるなか支えてくれる嫁には本当に感謝しています。

                  家族4人新天地での生活となりますが、僕らのスピードで暮らしを作っていきたいと思います。
                  シマでの暮らしは残り少ないですが、引越準備やらでばたばたしそうです。が、タイミングがあればお茶したりキャンプしたり。是非お声かけください。

                  それでは簡単ですが、皆様にご報告でした。

                  南雲


                   
                  2015.02.19 Thursday

                  集団野営。

                  0

                    先日シマでキャンプのイベントがありました。
                    自然があふれてる奄美ですが、地元で生まれ育った方が自然に入っていろいろなアクティビティを楽しむというのは
                    案外珍しいことなのかもしれません。だってハブが居ますしね。でも皆、実は興味があるモノですよね。
                    僕はたき火が好きなのと、親から譲って貰った三角テントと、家族と離れて仲の良い友人と楽しむために参加しました。
                    野外のイベントなので一番気にしていた天気も最高で。テントが密集していたのでたき火をするには気になる風も夕刻には弱まりやりたいこと全部出来たのでした。ジャンベライブに参加も出来まして、ステージ上から山や川に映り込むすんごい気持ちの良い夕日も見れました。ナチュラルハイとはこんなものか。お酒はあんまり必要じゃなくなってきた。







                    夜はなかなか冷え、ダウンを着込んで寝袋へ。
                    朝6時に起きてみると、友人がひとり寝ずに火の晩をしていたのでおかしかった。この日が誕生日だったようですが、過酷。
                    朝日も拝めまして、もう本当に理想的なキャンプ。そしてコーヒーアニがごそごそサイフォンを取り出し、僕はホットサンドを作り、いそいそと片づけてキャンプ終了です。
                    こんなイベントを考えてくれた方に感謝です。皆で楽しかったねー楽しかったねー最高だったねーと言い合い。
                    抽選会ではTシャツまで当たるのでした。http://yuican214.wix.com/yuinoshima
                    年に1度くらいこんなイベントあってもいいかもね。ただゴミのポイ捨てが見られたので、そういう所はよくできるでしょう。








                    次は3月に山でキャンプをしましょうとなりました。ハブも怖いがシマの夜の生き物たちが怖いなぁ。
                    そうそう私シマを出るのです。なのでシマの暮らしを楽しめるのもあと1月程。
                    会いたい人と会って、行きたかったところに行く予定。詳しいことはまた今度。
                    ではでは。
                    2015.01.12 Monday

                    思う事。

                    0

                      僕の遊びは、子供たちはどう思っているんだろうと、この写真を見ると思います。
                      暇な時間があればぼーっとしていたいし。いきなり散歩に連れて行かれたり、夏はビーチで泳いだり。
                      夕日の時間にアニたちが酒盛りをすれば混ざり、舟こぎもしんどいけど頑張る。皆でご飯を食べたいから家に友達を呼んだり。


                      あんまり子供たちのために火をたいたりはしないんだけど(大抵は自分が遊びたいから)、ピザ食べたいって言ってくれると、あ、なんか伝わってくれたら良いなと勝手に思うわけです。伝わってるかなんてわからないんだけどね。
                      梅干しつくったり、味噌や醤油作ってみたり。自給なんてほど遠い、そして変にこだわってお金も高くついてしまう。
                      プレファブ小屋も最初はぼろぼろで、でも自分でこつこつ直していって、思っていたようには簡単にいかないことと、思ったより出来ちゃうこともわかったり。あと自分にはなかなか継続力がないこともわかってきた。

                      ただきっかけは友達の影響だったりして、そのとき良いなと思ったことをやってみて、飽き性だからそんなに続かないものも出てくるけど、その中で残るモノもあったり。なんとなーく夫婦でこれはいいよねという基準も出来てきた。

                      暮らしの形、というかお金の事も少しづつ見ないふりをしていたんだけど、そろそろちゃんとしなきゃならないし、どういう暮らしをしていきたいかも考えなくちゃならない。でもやっぱりまだその時したいこと、に向かってしまう。
                      というかこの先もずっとそうなるんじゃ無いかなと思うけど、その時はそんなんじゃだめじゃない?と言ってくれる人もいたり。でもたぶんやりたいほうに動いてしまうと思うんだけど、言われてようやく考えるというのも本当のところです。
                      5年後や10年後、まだ漠然としているけどなりたい形も見えてきたし、しっかりやらねばと思います。



                       
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM